読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自戦記 3/5 指す将順位戦B級3組5回戦 lld - とじけん 戦

今回の対戦相手はとじけんさんです。棋譜はあまり見てませんが、KKSも指す四間党という印象でした。またtwitterでは毎日のように相互の人からブロックされていて、仲が良いってすばらしいなと思いました。

今回の用意は主にKKSと対四間棒銀でしたが、見事に活きませんでした。特にKKSを重点的にやったつもりですが、これはskrtさんとの対局の後に「手損でもKKSにされる方が嫌は嫌だった」とツイートしたので、それをとじけんさんが見ていればやってくるかなと思ったからです。△4五歩を早く突いて交換を挑むような四間飛車経験値が少なく、立石流に組まれると作戦負けになると思ったので角を手放しましたが、やはり動きにくく不本意な展開にしてしまった気がします。ただ、急戦でも交換した角をすぐ打つような変化はありますし、どうせ相手は隙の無い陣形を維持するでしょうから打ってしまうのも一局ではあると思います。

 うかむ瀬の解析によると、この一局はどちらにも振れていて面白いところがあったようです。その中から特に気になった局面や形勢の入れ替わった局面に注目していきたいと思います。

局面は26手目△7三桂です。早速打った角が負担になって本譜は▲6六角としていますが、そんなことなら最初から6六から打つべきですね。あるいは位を取られるのを嫌って▲6六歩と受けてから▲6七金~▲5五歩という展開もあるかもしれません。しかしうかむ瀬はここで+590と先手優勢を示しています。次の一手は▲2四歩!示されるとなるほどです。対ノーマル振り飛車では左桂を跳ねさせても負担になることが少なく、手順に飛車の効きから逸らすのでだいたい悪手だと思っていましたが、さすがソフトは先入観がないですね。この場合は4五に歩があるので振り飛車の左桂が捌きにくく角の価値もそこまで高くありませんから、角銀交換でも▲2一飛車成と▲7五歩が受けづらいのでこちら優勢かもしれません。有力な仕掛けを逃した後の進行はほぼ互角の評価値でした。

しかし、局面図の43手目▲2六飛が緩手で一気に形勢を損ねました。替えて▲6六歩の反発が有力だったようです。確かに6筋に歩が立つと▲6四歩の叩きが生じて桂頭を守る銀を退けることができますし、▲6七金と上がることもできるようになります。この筋は右玉系を相手に銀冠を作ったら必ず大事になる筋だと思うので、覚えた方がよさそうです。

 ▲2六飛の意図は3筋の歩を切ってから▲3四歩で銀を退かし、飛車先を切るということだったのですが、そもそも▲3四歩△同銀▲1一角成は△3三桂で馬に当てつつ飛車も圧迫できる手があるということを打ってから気付いたので嫌な汗が出ました。

局面図は70手目△7七歩までです。うかむ瀬によると9筋の突き捨てが指しすぎで、この局面で▲8七金があるようです。狙いは▲9六金~▲8五金と分かりやすく、考えてみれば咎め方が見つかりません。手番が来れば▲4五飛~▲6五飛の筋もあってこちらが指せそうでした。

本譜は桂交換を許してから角頭を攻められ、負担になるくらいならと銀とを交換したら飛車取りで玉を睨む位置に角を設置され、仕方がないので飛車を切ったら結局銀2枚と飛車角の交換になってしまい、その角は玉をまだ睨んでいるというめちゃくちゃな局面にしてしまいました。ちらっと投了まで考えましたが、後手玉が薄いので楽しみが完全になくなるまでは指そうと思いました。

次の局面図はだいぶ手数が飛びますが、その間はずっと入玉を目指されたらその瞬間に投了しようと思っていた局面で、評価値も4000~-1000という離れ方だったので割愛します。

 局面は127手目▲8四銀です。8五の銀を動かしたことで先手玉に詰みがありますが、私はこのとき後手には盤上の香しかないと思い込んでいたので全く気付いていませんでした。しかし後手も気付かなかったようで、運が良かったとしか言いようがありません。ここはまだ後手の勝ちになってますが、なにしろ玉頭でごちゃごちゃやってて持ち時間が少なくなってきてるのでお互い悪手が出まして、なんとか逃れ筋に入り、相手が裸玉だったのですぐに必至級の詰めろがかかって勝てました。辛い時間がとても長く感じられ、本当に疲れました。

今回の反省点は、仕掛けどころを逃しすぎていることや、時間を使っておきながら冷静に読まずに一気に悪くしたところです。こういうことやってると自分から勝ちに行けません。今回は運よく拾えましたが、次はこういうことは無いと思って頑張ります。

 

最後に棋譜です。

開始日時:2017/03/05 21:59:55
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手
先手:e_ur_eika
後手:tojiken
手数----指手---------消費時間--
1 2六歩(27) ( 0:04/00:00:04)
2 3四歩(33) ( 0:02/00:00:02)
3 2五歩(26) ( 0:02/00:00:06)
4 3三角(22) ( 0:01/00:00:03)
5 7六歩(77) ( 0:01/00:00:07)
6 3二銀(31) ( 0:01/00:00:04)
7 4八銀(39) ( 0:02/00:00:09)
8 4四歩(43) ( 0:01/00:00:05)
9 6八玉(59) ( 0:01/00:00:10)
10 4二飛(82) ( 0:01/00:00:06)
11 5六歩(57) ( 0:07/00:00:17)
12 6二玉(51) ( 0:02/00:00:08)
13 7八玉(68) ( 0:03/00:00:20)
14 7二玉(62) ( 0:03/00:00:11)
15 5八金(49) ( 0:09/00:00:29)
16 4五歩(44) ( 0:02/00:00:13)
17 5七銀(48) ( 0:06/00:00:35)
18 3五歩(34) ( 0:02/00:00:15)
19 3三角成(88) ( 0:15/00:00:50)
20 3三銀(32) ( 0:02/00:00:17)
21 7七角打 ( 0:04/00:00:54)
22 6二銀(71) ( 0:02/00:00:19)
23 8八玉(78) ( 0:32/00:01:26)
24 7四歩(73) ( 0:02/00:00:21)
25 7八銀(79) ( 0:06/00:01:32)
26 7三桂(81) ( 0:01/00:00:22)
27 6六角(77) ( 0:20/00:01:52)
28 3二金(41) ( 0:03/00:00:25)
29 8六歩(87) ( 2:02/00:03:54)
30 6四歩(63) ( 0:04/00:00:29)
31 9六歩(97) ( 0:43/00:04:37)
32 9四歩(93) ( 0:02/00:00:31)
33 8七銀(78) ( 0:49/00:05:26)
34 6三銀(62) ( 0:05/00:00:36)
35 7八金(69) ( 0:16/00:05:42)
36 6五歩(64) ( 0:07/00:00:43)
37 7七角(66) ( 0:06/00:05:48)
38 8四歩(83) ( 0:10/00:00:53)
39 1六歩(17) ( 2:44/00:08:32)
40 4一飛(42) ( 0:05/00:00:58)
41 6八金(58) ( 0:33/00:09:05)
42 6二金(61) ( 0:17/00:01:15)
43 2六飛(28) ( 0:19/00:09:24)
44 5四歩(53) ( 0:03/00:01:18)
45 3六歩(37) ( 0:55/00:10:19)
46 3六歩(35) ( 0:02/00:01:20)
47 3六飛(26) ( 0:02/00:10:21)
48 2八角打 ( 0:01/00:01:21)
49 1七香(19) ( 0:03/00:10:24)
50 1九角成(28) ( 0:03/00:01:24)
51 2六飛(36) ( 0:06/00:10:30)
52 8一飛(41) ( 0:50/00:02:14)
53 2四歩(25) ( 1:18/00:11:48)
54 2四歩(23) ( 0:08/00:02:22)
55 3四歩打 ( 0:02/00:11:50)
56 2二銀(33) ( 0:03/00:02:25)
57 2四飛(26) ( 0:06/00:11:56)
58 2三歩打 ( 0:02/00:02:27)
59 2五飛(24) ( 0:35/00:12:31)
60 8五歩(84) ( 0:02/00:02:29)
61 8五歩(86) ( 0:04/00:12:35)
62 9五歩(94) ( 1:53/00:04:22)
63 9五歩(96) ( 0:33/00:13:08)
64 8五桂(73) ( 0:03/00:04:25)
65 8六角(77) ( 0:03/00:13:11)
66 7五歩(74) ( 1:03/00:05:28)
67 8四歩打 ( 2:27/00:15:38)
68 7六歩(75) ( 0:40/00:06:08)
69 7六銀(87) ( 0:08/00:15:46)
70 7七歩打 ( 0:03/00:06:11)
71 7七桂(89) ( 0:02/00:15:48)
72 7七桂成(85) ( 0:05/00:06:16)
73 7七角(86) ( 0:06/00:15:54)
74 6四桂打 ( 0:19/00:06:35)
75 6五銀(76) ( 0:12/00:16:06)
76 8四飛(81) ( 0:03/00:06:38)
77 8七歩打 ( 0:05/00:16:11)
78 1八馬(19) ( 0:53/00:07:31)
79 2六飛(25) ( 0:30/00:16:41)
80 7六歩打 ( 0:10/00:07:41)
81 6六角(77) ( 0:03/00:16:44)
82 8五飛(84) ( 0:03/00:07:44)
83 6四銀(65) ( 0:29/00:17:13)
84 6四銀(63) ( 0:05/00:07:49)
85 2四歩打 ( 0:53/00:18:06)
86 7七銀打 ( 0:56/00:08:45)
87 7七角(66) ( 0:59/00:19:05)
88 7七歩成(76) ( 0:05/00:08:50)
89 7七金(68) ( 0:01/00:19:06)
90 4四角打 ( 0:38/00:09:28)
91 7六銀打 ( 0:03/00:19:09)
92 8一飛(85) ( 0:05/00:09:33)
93 2三歩成(24) ( 0:10/00:19:19)
94 2三銀(22) ( 0:24/00:09:57)
95 7三歩打 ( 0:40/00:19:59)
96 7三玉(72) ( 0:26/00:10:23)
97 2三飛成(26) ( 0:59/00:20:58)
98 2三金(32) ( 0:03/00:10:26)
99 7四歩打 ( 0:59/00:21:57)
100 6三玉(73) ( 0:05/00:10:31)
101 7五桂打 ( 0:43/00:22:40)
102 5三玉(63) ( 0:12/00:10:43)
103 6六銀(57) ( 0:58/00:23:38)
104 6五歩打 ( 0:24/00:11:07)
105 6五銀(76) ( 0:17/00:23:55)
106 6五銀(64) ( 0:06/00:11:13)
107 6五銀(66) ( 0:02/00:23:57)
108 6四歩打 ( 0:37/00:11:50)
109 7六銀(65) ( 0:52/00:24:49)
110 5九飛打 ( 0:38/00:12:28)
111 5五歩(56) ( 0:52/00:25:41)
112 5五角(44) ( 0:10/00:12:38)
113 6三銀打 ( 0:54/00:26:35)
114 6三金(62) ( 0:44/00:13:22)
115 6三桂成(75) ( 0:02/00:26:37)
116 6三玉(53) ( 0:02/00:13:24)
117 4三金打 ( 0:58/00:27:35)
118 9八歩打 ( 1:09/00:14:33)
119 7五桂打 ( 0:50/00:28:25)
120 7四玉(63) ( 0:26/00:14:59)
121 8五銀打 ( 0:59/00:29:24)
122 7三玉(74) ( 0:23/00:15:22)
123 5三金(43) ( 0:43/00:30:07)
124 9九歩成(98) ( 0:52/00:16:14)
125 6三金(53) ( 0:13/00:30:20)
126 8二玉(73) ( 0:02/00:16:16)
127 8四銀(85) ( 0:58/00:31:18)
128 8九飛成(59) ( 0:42/00:16:58)
129 9七玉(88) ( 0:03/00:31:21)
130 9五香(91) ( 0:43/00:17:41)
131 8六玉(97) ( 0:51/00:32:12)
132 9八龍(89) ( 0:58/00:18:39)
133 8三桂成(75) ( 0:57/00:33:09)
134 9一玉(82) ( 0:03/00:18:42)
135 9三歩打 ( 0:56/00:34:05)
136 9六龍(98) ( 0:05/00:18:47)
137 7五玉(86) ( 0:02/00:34:07)
138 7四歩打 ( 0:58/00:19:45)
139 7四玉(75) ( 0:39/00:34:46)
140 7一飛(81) ( 0:14/00:19:59)
141 7二歩打 ( 0:17/00:35:03)
142 7三歩打 ( 0:05/00:20:04)
143 7三銀(84) ( 0:55/00:35:58)
144 6五銀打 ( 0:59/00:21:03)
145 8四玉(74) ( 0:42/00:36:40)
146 投了

自戦記 2/20 指す将順位戦B級3組4回戦 skrt - lld 戦

今回の対戦相手はskrtさんですが、まずはお詫びから。対局の時刻を過ぎて数分したところで指す将順位戦の約束をしていたことを思い出し、それとほぼ同時にskrtさんからDMが来ました。申し訳ありませんでした。skrtさんからトイレに行く時間までもらい、対局開始は22:10からとなりました。遅刻についてのルールも設定されましたし、今後はこのようなことが無いように一層気をつけます。また自戦記を書くのが遅れたことも重ねてお詫びします。

さて、今回の対戦相手のskrtさんですが、一回だけニコ生を見たことがあって振り飛車党らしいということは知っていました。ですがどこに振るかよくわかっていなかったのと、アーシェさん戦で使用した作戦を逆用されることを恐れて角道を止める中飛車相手には先手後手どちらでも不満がない展開になるよう準備をしてきました。あと、急戦に真っ向から対抗して四間か三間の穴熊も想定していました。

本譜は角道を止めずに四間に振ったのを見て、KKSを嫌がって8五歩を決めてから3四歩を突き、相手も手損を嫌がってか角道を止めたのでノーマル四間になりました。実際は8五歩を決めていることで先手から逆棒銀の筋が生じており、損得は微妙ですが自分としては不本意な展開へ誘導していたのかもしれません。今回は自分の言い分が通ったので一安心しました。

 

局面は19手目▲7五歩まで。急戦党としては7筋の位を取られるのは銀や桂が使いづらくて嫌なので、この局面で△5三銀を入れずに△7四歩の反発を読んでいました。しかし角交換をすると▲8二角の筋で忙しくなってしまい、5筋の位を張って止めると6筋の歩を切られ、3四の歩まで取られるのは気持ち悪すぎて断念しました。△5三銀が入っていると6筋の歩交換が無く、▲6七銀とされても△7四歩に▲7六銀とするのは△7五歩▲同銀△7六歩で先手がまずく、歩交換自体は受からないため対ノーマル中飛車の加藤流袖飛車と似たような将棋になりこれは不満がないと思いました。

本譜は▲3八銀と美濃囲いを完成させる手で、これも振り飛車党としては指したい一手だと思いました。左辺はさっき読んだのとまったく同じ形なので、歩を突き捨てて5筋の位を取る仕掛けを実行しました。

 

局面は26手目△5五歩まで。違う将棋ではありますが、5五歩で角道を止めて捌くのは去年の王座戦の深浦九段-藤井九段戦で見てから一度やってみたかったのでワクワクしながら指していました。深浦九段はそれの感想戦で「これで振り飛車が動きにくいと思います。」と話しており、この将棋も振り飛車は角頭の傷があって左銀が立ち遅れている点が共通しているため、ここでは動けないと見ていました。

次の一手▲7三歩成にはビックリしましたが、△同桂▲1五角△7四飛で受かってるので、これは2手パスするような暴発だったようです。次に▲6七飛として△5七歩成を受けてきましたが、△1四歩で角を追うと▲7五歩△同飛▲8四角△7四飛と二度目の暴発で先手は歩切れかつ角当たりになり、▲7七飛と飛車交換を挑んできましたが冷静に△7六歩と受けると角取りと飛車取りの両方は受からなくなったためはっきり優勢になりました。その後は甘い手もあったかもしれませんが、そのまま勝ち切ることができました。

 今回は序盤で上手く仕掛けてリードを奪えましたが、KKSを避けたいという一心であまり好ましくない局面に自分から誘導しかけたのは反省点です。また、繰り返しになりますが遅刻は二度とないようにします。仮にルールに抵触しない3分以内であっても遅刻したという事実で気合負けすると将棋に影響してくるので、皆さんにも気を付けてもらいたいです。

最後に棋譜です。

開始日時:2017/02/20 22:10:16
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手
先手:skrt79
後手:e_ur_eika
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:04/00:00:04)
2 8四歩(83) ( 0:09/00:00:09)
3 6八飛(28) ( 0:04/00:00:08)
4 8五歩(84) ( 0:03/00:00:12)
5 7七角(88) ( 0:01/00:00:09)
6 3四歩(33) ( 0:02/00:00:14)
7 7八銀(79) ( 0:01/00:00:10)
8 6二銀(71) ( 0:02/00:00:16)
9 1六歩(17) ( 0:01/00:00:11)
10 1四歩(13) ( 0:02/00:00:18)
11 4八玉(59) ( 0:02/00:00:13)
12 4二玉(51) ( 0:02/00:00:20)
13 3八玉(48) ( 0:11/00:00:24)
14 3二玉(42) ( 0:03/00:00:23)
15 6六歩(67) ( 0:04/00:00:28)
16 5四歩(53) ( 0:02/00:00:25)
17 2八玉(38) ( 0:02/00:00:30)
18 5二金(61) ( 0:10/00:00:35)
19 7五歩(76) ( 0:33/00:01:03)
20 5三銀(62) ( 2:34/00:03:09)
21 3八銀(39) ( 0:02/00:01:05)
22 7四歩(73) ( 0:09/00:03:18)
23 7四歩(75) ( 0:28/00:01:33)
24 8四飛(82) ( 0:03/00:03:21)
25 6五歩(66) ( 3:42/00:05:15)
26 5五歩(54) ( 0:13/00:03:34)
27 7三歩成(74) ( 2:56/00:08:11)
28 7三桂(81) ( 0:14/00:03:48)
29 9五角(77) ( 0:19/00:08:30)
30 7四飛(84) ( 0:06/00:03:54)
31 6七飛(68) ( 1:51/00:10:21)
32 9四歩(93) ( 1:28/00:05:22)
33 7五歩打 ( 0:46/00:11:07)
34 7五飛(74) ( 0:13/00:05:35)
35 8四角(95) ( 0:03/00:11:10)
36 7四飛(75) ( 0:02/00:05:37)
37 7七飛(67) ( 0:02/00:11:12)
38 7六歩打 ( 0:08/00:05:45)
39 7三角成(84) ( 0:24/00:11:36)
40 7三飛(74) ( 0:03/00:05:48)
41 6七飛(77) ( 0:01/00:11:37)
42 5六歩(55) ( 0:07/00:05:55)
43 9八香(99) ( 3:03/00:14:40)
44 9九角成(22) ( 0:31/00:06:26)
45 6四歩(65) ( 0:22/00:15:02)
46 6四歩(63) ( 0:05/00:06:31)
47 5六歩(57) ( 0:03/00:15:05)
48 9八馬(99) ( 0:33/00:07:04)
49 5五歩(56) ( 0:17/00:15:22)
50 8八馬(98) ( 0:10/00:07:14)
51 5四歩(55) ( 0:31/00:15:53)
52 5四銀(53) ( 1:39/00:08:53)
53 6四飛(67) ( 0:08/00:16:01)
54 5五馬(88) ( 0:03/00:08:56)
55 6一飛成(64) ( 0:54/00:16:55)
56 1五歩(14) ( 0:37/00:09:33)
57 7四歩打 ( 0:55/00:17:50)
58 7四飛(73) ( 0:19/00:09:52)
59 6六桂打 ( 0:55/00:18:45)
60 6四飛(74) ( 0:03/00:09:55)
61 6四龍(61) ( 0:13/00:18:58)
62 6四馬(55) ( 0:02/00:09:57)
63 6一飛打 ( 0:31/00:19:29)
64 6三銀(54) ( 0:17/00:10:14)
65 9一飛成(61) ( 0:13/00:19:42)
66 9一馬(64) ( 0:03/00:10:17)
67 6七銀(78) ( 0:53/00:20:35)
68 1六歩(15) ( 0:23/00:10:40)
69 1八歩打 ( 0:05/00:20:40)
70 6八歩打 ( 0:24/00:11:04)
71 6八金(69) ( 0:22/00:21:02)
72 9八飛打 ( 0:09/00:11:13)
73 7八歩打 ( 0:35/00:21:37)
74 9九飛成(98) ( 0:05/00:11:18)
75 5六銀(67) ( 0:55/00:22:32)
76 8九龍(99) ( 0:04/00:11:22)
77 4六歩(47) ( 0:32/00:23:04)
78 4六馬(91) ( 0:05/00:11:27)
79 4七銀(56) ( 0:31/00:23:35)
80 4七馬(46) ( 0:04/00:11:31)
81 4七銀(38) ( 0:03/00:23:38)
82 4九龍(89) ( 0:02/00:11:33)
83 投了

自戦記 2/5 指す将順位戦B級3組3回戦 アーシェ - lld 戦

どうもlldです。今回は局面図の載せ方を覚えたので、ちょっと邪魔だった棋譜は最後に置きます。shogipicを教えてくれたaquaさん、ありがとうございました。

 

アーシェさんは居飛車党。私も居飛車党。しかし今回の戦型は対抗型です。私が振りました。理由は、相居飛車の角換わりや横歩取りは定跡の進歩が著しく、ガッチリ対策を練っていると思われるアーシェさんにぶつかるのは分が悪いと判断したためです。

ノーマル中飛車、というより風車を選択した理由ですが、まず流行りのゴキ中や石田流にしてしまうと、ただでさえ覚えている定跡が曖昧で捌き方が分からない居飛車党なので、位が負担になって抑え込まれて定跡しっかり覚えようねという将棋になってしまうのを恐れたのが一つ、去年の王座戦の阿部光瑠五段-近藤誠也四段戦で阿部光瑠五段が快勝した(と自分には見えた)のを見てやってみたいとひそかに思っていたのが一つ、阿部光瑠五段-近藤誠也四段戦は風車vs穴熊でしたが急戦党の自分からしても風車やノマ中はあんまりやられない分経験値が少なく、やられると地味に嫌なので「人が嫌がることを積極的にやろう!」という小学生の頃の標語を思い出したのが一つ、あと

 というツイートを直前にしていて、もしアーシェさんが先手を取って挑発に乗り(?)初手▲5八玉なら多分得になる変化が消えて真正面から咎める形になるので得だと思ったのが一つです。

感想戦でアーシェさんは専ら角換わり▲4八金・2九飛型の研究をしていてノーマークだったと言っていたので、うまく刺さったようでちょっとうれしいです。しかし仕掛け周辺ではこっちの悪手が連発していたようで、運が良かったんだなと肝を冷やしました。

 

局面図は32手目△7三桂と指した局面です。本譜は▲3五歩と仕掛けられましたが、実はここで▲5六歩と一手待たれるとどう指していいのかよくわかっていませんでした。うかむ瀬の指し手は△3二飛ですが、もし実戦でやられていたら△3二金と指していたかもしれません。これに▲3五歩と仕掛けられると棒銀が炸裂しています。普段は加藤流袖飛車で仕掛けているので盲点でした。左金を上がっても守っている地点が角の2四と金の2三で違うので数で負けています。四間にはだいたい棒銀をやっているので気付いていたかもしれませんが、こういう形が潰れ形だとして避けるよう読めていないのはかなり危険だと思いました。

皆さんも相手が研究を外して普段やらないことをやってきたら、いつも以上に損にならない手で待って緩手や悪手を誘いましょう!

実戦は▲5六歩△3二飛(3二金?)の交換を入れずに▲3五歩と仕掛けられました。本譜は△5五角の切り返しがあると思って△同歩としましたが、これは▲同銀とされると▲4六歩で一瞬△5五角の効きを遮断するという手段があるのでダメです。正着は△3二飛でした。この5段目の銀を追い返したり遊ばせたりするのは相当難しく、抑え込みが成立しています。

本譜は先手も△5五角を嫌がって▲2六飛でした。▲3五銀は△3四銀で防げるようになったので良くなったと思います。

 

しかしそこから数手進んで局面図、40手目の△5五歩がうかむ瀬曰く悪手です。正着は△5一飛でした。形はそうだと思いましたが、5筋を切って手順ひ引く方が手得で良いと思って突いてしまいました。これは手抜いて▲3七桂とされると△5六歩▲同銀△5五歩に▲4五銀が生じて銀が死なず、先手がタダで2手指して、次に受けなければ天王山を確保できるというひどい損をします。本譜は△4六歩で、筋の反発という感じで、なんとなくやられる気がしていました。

ここで指した▲6五歩がまた悪手です。ここで時間差で▲5五歩と戻されると取り方が難しいです。△同角は▲2四歩、△同飛には▲6五歩として、飛車を逃げれば▲2四歩から飛車先突破、△6五同桂と飛車を逃げずに突っ張るなら▲5五角△同角▲6六銀△3三角に▲4五歩と手を戻すと6六の地点に飛車のヒモがついて後手に手がありません。飛車を持っているので▲9五歩が取れず、△4八角から馬を作っても駒効率が悪いので先手優勢です。

本譜はここでいかにも筋である▲2四歩の突き捨てを入れたのが仇になりました。通常いない△3四銀がいて、▲2六飛と浮いているせいで当たりが強くなり、△2五歩が生じています。

 

局面図は45手目▲3七桂とした局面です。ここで本譜は△5六歩と取り込んだのですが、これは手順前後の悪手です。先に△6六歩として▲同銀とさせてからでないと、△5六歩に▲同金が生じます。△5五歩には▲4五金とぶつけて、△同銀は▲同桂が角に当たるので指せません。銀をどちらかに引いて辛抱すると▲6七銀と盛り上がられて後手まずいです。

本譜は▲5六同銀と取ってくれたので△6六歩の取り込みが厳しくなり、優勢に、と言いたいところですが、悪手は終わりません。

 

 

局面図は6六の地点で角交換になり、▲6六同金となったところです。ここで本譜は両取りに飛びつき△4八角としましたが、これがまた手順前後の悪手でした。先に△2五歩として、▲2七飛ならそこで△3八角が二枚替えと飛車取りの両狙いであるところ、先に△4八角だと▲5七歩と辛抱されたときに△3七角成とすると▲2四飛と走られた手が十字飛車です。仕方なく△2五歩とすると、今度は▲2七飛とされたときに早い手がなく、うかむ瀬の評価値なら100に満たないほど縮まってしまいます。

本譜は▲5三歩△同飛▲4四角△6六角成▲同角△5七飛と進み、二枚替えに成功して優勢となりました。その後はうかむ瀬の評価値が1000を下回らず、押し切って勝つことができました。

今回の反省はやはり慣れない形の序盤で、相手の仕掛けの成否がよくわかっていなかったことです。△3五同歩なんかはあまりに不用意でした。しかしこの検討によって棒銀の仕掛けが有力であること、相手が慣れない序盤をやるということの負担の大きさを知ることができたのは大きな収穫でした。棋力的にまだ難しいかもしれませんが、序盤、中盤、終盤、隙が無い将棋を目指して精進します。次の対局も応援よろしくお願いします!

 

最後に棋譜です。

開始日時:2017/02/05 22:00:27
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手
先手:Ashe_IS
後手:e_ur_eika
手数----指手---------消費時間--
1 2六歩(27) ( 0:10/00:00:10)
2 3四歩(33) ( 0:16/00:00:16)
3 2五歩(26) ( 0:04/00:00:14)
4 3三角(22) ( 0:02/00:00:18)
5 4八銀(39) ( 0:06/00:00:20)
6 5二飛(82) ( 0:27/00:00:45)
7 6八玉(59) ( 0:14/00:00:34)
8 6二玉(51) ( 0:03/00:00:48)
9 3六歩(37) ( 0:10/00:00:44)
10 3二銀(31) ( 0:18/00:01:06)
11 3七銀(48) ( 0:03/00:00:47)
12 4四歩(43) ( 0:03/00:01:09)
13 5八金(49) ( 0:16/00:01:03)
14 7二玉(62) ( 0:03/00:01:12)
15 7六歩(77) ( 0:02/00:01:05)
16 5四歩(53) ( 0:04/00:01:16)
17 6六歩(67) ( 0:03/00:01:08)
18 6四歩(63) ( 0:11/00:01:27)
19 7八玉(68) ( 0:02/00:01:10)
20 6二銀(71) ( 0:03/00:01:30)
21 7七角(88) ( 0:04/00:01:14)
22 7四歩(73) ( 0:04/00:01:34)
23 6七金(58) ( 0:05/00:01:19)
24 6三銀(62) ( 0:07/00:01:41)
25 4六銀(37) ( 0:05/00:01:24)
26 4三銀(32) ( 0:04/00:01:45)
27 1六歩(17) ( 0:06/00:01:30)
28 9四歩(93) ( 0:39/00:02:24)
29 9六歩(97) ( 0:15/00:01:45)
30 6二金(61) ( 0:18/00:02:42)
31 6八銀(79) ( 0:08/00:01:53)
32 7三桂(81) ( 0:07/00:02:49)
33 3五歩(36) ( 0:15/00:02:08)
34 3五歩(34) ( 0:45/00:03:34)
35 2六飛(28) ( 0:10/00:02:18)
36 3四銀(43) ( 0:37/00:04:11)
37 5六歩(57) ( 0:14/00:02:32)
38 4五歩(44) ( 0:10/00:04:21)
39 5七銀(46) ( 0:03/00:02:35)
40 5五歩(54) ( 1:44/00:06:05)
41 4六歩(47) ( 0:44/00:03:19)
42 6五歩(64) ( 0:15/00:06:20)
43 2四歩(25) ( 0:29/00:03:48)
44 2四歩(23) ( 0:04/00:06:24)
45 3七桂(29) ( 0:05/00:03:53)
46 5六歩(55) ( 0:19/00:06:43)
47 5六銀(57) ( 0:04/00:03:57)
48 6六歩(65) ( 0:03/00:06:46)
49 6六角(77) ( 0:28/00:04:25)
50 6六角(33) ( 0:04/00:06:50)
51 6六金(67) ( 0:03/00:04:28)
52 4八角打 ( 0:02/00:06:52)
53 5三歩打 ( 0:02/00:04:30)
54 5三飛(52) ( 0:44/00:07:36)
55 4四角打 ( 0:58/00:05:28)
56 6六角成(48) ( 1:39/00:09:15)
57 6六角(44) ( 0:05/00:05:33)
58 5六飛(53) ( 0:02/00:09:17)
59 5七銀(68) ( 0:08/00:05:41)
60 6六飛(56) ( 0:04/00:09:21)
61 6六銀(57) ( 0:01/00:05:42)
62 2五歩(24) ( 0:01/00:09:22)
63 6四歩打 ( 1:14/00:06:56)
64 2六歩(25) ( 0:17/00:09:39)
65 6三歩成(64) ( 0:02/00:06:58)
66 6三金(62) ( 0:02/00:09:41)
67 4四角打 ( 0:55/00:07:53)
68 5三銀打 ( 1:02/00:10:43)
69 1一角成(44) ( 0:15/00:08:08)
70 3八飛打 ( 0:04/00:10:47)
71 5八香打 ( 0:06/00:08:14)
72 5七歩打 ( 1:56/00:12:43)
73 5七銀(66) ( 0:06/00:08:20)
74 5六歩打 ( 0:02/00:12:45)
75 4七銀打 ( 0:14/00:08:34)
76 3七飛成(38) ( 0:19/00:13:04)
77 5六銀(47) ( 0:09/00:08:43)
78 6八歩打 ( 2:00/00:15:04)
79 6八玉(78) ( 0:42/00:09:25)
80 6四桂打 ( 0:07/00:15:11)
81 1二飛打 ( 0:15/00:09:40)
82 6二金打 ( 0:42/00:15:53)
83 6七銀(56) ( 0:21/00:10:01)
84 4六歩(45) ( 0:07/00:16:00)
85 4八歩打 ( 0:28/00:10:29)
86 2三銀(34) ( 0:17/00:16:17)
87 2二飛成(12) ( 0:18/00:10:47)
88 3二銀(23) ( 0:11/00:16:28)
89 5四歩打 ( 0:55/00:11:42)
90 5四銀(53) ( 0:06/00:16:34)
91 2一馬(11) ( 0:27/00:12:09)
92 5六歩打 ( 0:53/00:17:27)
93 6六銀(57) ( 0:24/00:12:33)
94 6五歩打 ( 0:20/00:17:47)
95 7七銀(66) ( 0:03/00:12:36)
96 8五桂(73) ( 0:35/00:18:22)
97 3二馬(21) ( 0:32/00:13:08)
98 7七桂成(85) ( 0:04/00:18:26)
99 7七玉(68) ( 0:04/00:13:12)
100 3二金(41) ( 0:11/00:18:37)
101 3二龍(22) ( 0:09/00:13:21)
102 6六歩(65) ( 0:22/00:18:59)
103 5七歩打 ( 1:05/00:14:26)
104 6七歩成(66) ( 0:06/00:19:05)
105 8六玉(77) ( 0:04/00:14:30)
106 8四歩(83) ( 0:21/00:19:26)
107 5一銀打 ( 0:17/00:14:47)
108 8五銀打 ( 0:36/00:20:02)
109 9七玉(86) ( 0:06/00:14:53)
110 7六桂(64) ( 0:32/00:20:34)
111 6二銀成(51) ( 0:19/00:15:12)
112 6二金(63) ( 0:12/00:20:46)
113 8二金打 ( 0:19/00:15:31)
114 6三玉(72) ( 0:06/00:20:52)
115 6四金打 ( 0:47/00:16:18)
116 6四玉(63) ( 0:11/00:21:03)
117 6二龍(32) ( 0:03/00:16:21)
118 6三歩打 ( 0:10/00:21:13)
119 投了

自戦記 1/21 指す将順位戦B級3組2回戦 Dice - lld 戦

恒例の棋譜スタートです。

開始日時:2017/01/21 21:02:45
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手
先手:Dice4084
後手:e_ur_eika
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:04/00:00:04)
2 8四歩(83) ( 0:06/00:00:06)
3 2六歩(27) ( 0:01/00:00:05)
4 8五歩(84) ( 0:07/00:00:13)
5 7七角(88) ( 0:02/00:00:07)
6 3四歩(33) ( 0:03/00:00:16)
7 8八銀(79) ( 0:02/00:00:09)
8 3二金(41) ( 0:03/00:00:19)
9 7八金(69) ( 0:02/00:00:11)
10 7七角成(22) ( 0:03/00:00:22)
11 7七銀(88) ( 0:01/00:00:12)
12 2二銀(31) ( 0:04/00:00:26)
13 3八銀(39) ( 0:05/00:00:17)
14 6二銀(71) ( 0:09/00:00:35)
15 4六歩(47) ( 0:04/00:00:21)
16 7四歩(73) ( 0:03/00:00:38)
17 4七銀(38) ( 0:25/00:00:46)
18 7三桂(81) ( 0:07/00:00:45)
19 6八玉(59) ( 0:08/00:00:54)
20 9四歩(93) ( 0:11/00:00:56)
21 9六歩(97) ( 0:04/00:00:58)
22 6四歩(63) ( 0:09/00:01:05)
23 6六歩(67) ( 0:15/00:01:13)
24 6三銀(62) ( 0:07/00:01:12)
25 5六銀(47) ( 0:03/00:01:16)
26 8一飛(82) ( 0:12/00:01:24)
27 5八金(49) ( 0:02/00:01:18)
28 4二玉(51) ( 0:09/00:01:33)
29 7九玉(68) ( 0:01/00:01:19)
30 6二金(61) ( 0:02/00:01:35)
31 1六歩(17) ( 0:01/00:01:20)
32 1四歩(13) ( 0:02/00:01:37)
33 2五歩(26) ( 0:02/00:01:22)
34 3三銀(22) ( 0:02/00:01:39)
35 3六歩(37) ( 0:06/00:01:28)
36 5四銀(63) ( 0:09/00:01:48)
37 3七桂(29) ( 0:02/00:01:30)
38 6五歩(64) ( 0:24/00:02:12)
39 6五歩(66) ( 0:37/00:02:07)
40 6五桂(73) ( 0:54/00:03:06)
41 6五銀(56) ( 0:18/00:02:25)
42 6五銀(54) ( 0:03/00:03:09)
43 6三歩打 ( 0:02/00:02:27)
44 7二金(62) ( 0:04/00:03:13)
45 6四桂打 ( 0:15/00:02:42)
46 7三金(72) ( 0:04/00:03:17)
47 6二歩成(63) ( 0:08/00:02:50)
48 6四金(73) ( 0:27/00:03:44)
49 6一角打 ( 0:05/00:02:55)
50 7五歩(74) ( 1:24/00:05:08)
51 5二と(62) ( 0:13/00:03:08)
52 3一玉(42) ( 0:02/00:05:10)
53 7二角成(61) ( 0:07/00:03:15)
54 7六歩(75) ( 0:13/00:05:23)
55 8一馬(72) ( 1:23/00:04:38)
56 7七歩成(76) ( 0:09/00:05:32)
57 7七桂(89) ( 1:17/00:05:55)
58 6六桂打 ( 0:06/00:05:38)
59 6一飛打 ( 0:25/00:06:20)
60 2二玉(31) ( 0:02/00:05:40)
61 6四飛成(61) ( 2:16/00:08:36)
62 5八桂成(66) ( 0:07/00:05:47)
63 6五龍(64) ( 2:01/00:10:37)
64 4七角打 ( 0:20/00:06:07)
65 5六銀打 ( 0:31/00:11:08)
66 6九成桂(58) ( 0:14/00:06:21)
67 8九玉(79) ( 0:34/00:11:42)
68 6四歩打 ( 0:03/00:06:24)
69 8五龍(65) ( 0:24/00:12:06)
70 8四歩打 ( 0:14/00:06:38)
71 8四龍(85) ( 0:27/00:12:33)
72 5六角成(47) ( 0:16/00:06:54)
73 5六歩(57) ( 0:07/00:12:40)
74 7六銀打 ( 0:03/00:06:57)
75 8八玉(89) ( 2:44/00:15:24)
76 6八銀打 ( 0:38/00:07:35)
77 7三龍(84) ( 0:51/00:16:15)
78 7九銀打 ( 0:39/00:08:14)
79 9七玉(88) ( 0:47/00:17:02)
80 7七銀成(68) ( 0:18/00:08:32)
81 7七金(78) ( 0:46/00:17:48)
82 7七銀(76) ( 0:13/00:08:45)
83 7七龍(73) ( 0:52/00:18:40)
84 8五桂打 ( 0:05/00:08:50)
85 8六玉(97) ( 0:46/00:19:26)
86 7七桂成(85) ( 0:03/00:08:53)
87 9一馬(81) ( 0:47/00:20:13)
88 7六飛打 ( 0:33/00:09:26)
89 8五玉(86) ( 0:24/00:20:37)
90 8三金打 ( 0:25/00:09:51)
91 8四金打 ( 0:54/00:21:31)
92 7五金打 ( 0:05/00:09:56)
93 投了

 

 まず今回の準備についてです。言い訳になってしまいますが、今回はイベントがイベントなのでデレ将活動を再開したために練習対局を本局の数時間前に1局しか指せず、定跡も前回の対局のおさらいくらいしかできていませんでした。イベントもそこまで走れておらず、どちらも中途半端になってしまいました。

 うかむ瀬に1手10秒で解析させたところ、初手~63手目まではほぼ-100~-500とこちらに評価値が振れていましたが、次の悪手で一気に-50程度まで戻り、66~83手目では先手に+500~1000振れていました。84手目から終局までは-2000~でした。

 Diceさんから指摘がありましたが、これは49手目▲6一角で去年のJT杯決勝局佐藤天彦名人-豊島将之七段と合流します。私も前例があること自体は覚えており、後手がやれたような気がして曖昧な記憶でこの変化を選びましたが、ここはプロの感想戦で先手よしとされていました。ただうかむ瀬はそうでもないと評価していたので、今回はうかむ瀬の肩を持ってみようと思います。

 先ほど63手目まではほぼこちらに振れていたと書きましたが、うかむ瀬によると▲6一角の応手△7五歩が疑問手で一度だけ先手に振れており、さらに応手の▲5二とが悪手とされて僅かながらまたこちらに振れています。△7五歩は▲7二角成に△8四飛~△7四飛とする意味で突いたのですが、攻めが届く前に飛車を下ろされたら勝負にならないと早くも悲観的になり、勝負手のつもりで歩を取り込みました。うかむ瀬によると実際はこう指すところで、むしろ-300程度とこちら指しやすいと評価していました。また、個人的には飛車の王手で攻め駒が抜かれる状態で飛車をいじめられるのは相当嫌だったので▲5二とが悪手とは思えませんでした。

 うかむ瀬によると▲6一角には△8六歩▲同歩△6六桂▲同銀~と進み、後手は飛車が捌けて先手は少し後に右桂が銀と交換になって互角らしいです。△8六歩は筋だと思いましたが、手抜いて▲7二角成であまり効かない手になると考えて避けました。実際は△8七歩成▲8一馬△8六歩と進むと先手が歩切れ、かつ飛車の王手で抜ける金駒が無いので、確かにこの進行なら後手を持ってみたいと思いました。

 58手目△6六桂の応手▲6一飛もこう指すところだと思っており、切らされそうだと思っていたので悪手だとは全く思っていませんでしたが、うかむ瀬は金が抜かれても盤上に銀桂が残り持ち駒に角銀銀とあるので攻めは繋がっていると評価していました。確かに王手から逃げた2二玉は先手の龍が自陣から消えてくれれば相当王手がかかりにくいので、冷静に見れば指しやすいのかもしれません。対局時は金2枚と自陣飛車の横効きに加えて持ち駒に金があるので、拠点を残しながら薄くして渡す駒に制限をかけて勝負できればといったことを考えていました。しかしそれを考えておきながら▲6四飛成に△5八桂成とするのはお粗末でした。替えて△7六角として△8六歩を利かしてから6筋に歩が立つことを活かして攻めていく方が良かったです。

 66手目△6九成桂は対局中も悪手くさいなと思いながらつい指してしまったのですが、やはり悪手だったようです。角のヒモしかついていない駒を角が攻められているときに質に入れるのはひどかったです。ただ△5六角成~△6九銀と嫌味に迫っても、▲6八金△7八銀成▲同玉で清算を迫られると切れ模様のようです。

 銀を取る前に桂頭に嫌味をつけようと△6四歩▲8五龍△8四歩としましたが、対局中はここで▲7五龍とされたら指す手が無いと思っていました。うかむ瀬も一応△3九銀は候補に挙げますが+500と先手に振れ、手抜いて△4二金と打ってしまって先手勝ちのようです。本譜は▲8四同龍によって△7六銀が打てたので、形勢は悪いながら気持ち悪い形だから一応形作りはできるし、渡される駒によってはワンチャン頓死もある形だと少し元気が出ました。しかし77手目▲7三龍に替えて▲6七金だと完全に切れているようです。確かに桂を攻めつつ玉周辺に嫌味を残す方針だったので、桂にヒモをつけつつ上部に抜ける形を強要されると指す手がありません。

 本譜はなんとか王手龍をかけられる手順になり、必至をかけて勝つことができました。しかしうかむ瀬にフォローされたとはいえプロの実戦で先手よしとされた変化に後手から突っ込んで勉強不足が露見する、繋がる攻めを切れると思い込むなど、課題も多く見えました。やるべきことをやりつつイベントを走り、次の対局までにもっと強くなって見応えのある将棋を指したいと思います。

次の対局も応援よろしくお願いします!

自戦記 1/9 指す将順位戦B級3組 1回戦 ポール - lld 戦

局面図の載せ方が良くわからなかったので、とりあえず棋譜です。

開始日時:2017/01/09 21:31:06
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手
先手:paul0727
後手:e_ur_eika
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:08/00:00:08)
2 8四歩(83) ( 0:03/00:00:03)
3 6八銀(79) ( 0:10/00:00:18)
4 3四歩(33) ( 0:05/00:00:08)
5 7七銀(68) ( 0:07/00:00:25)
6 6二銀(71) ( 0:05/00:00:13)
7 4八銀(39) ( 0:07/00:00:32)
8 5四歩(53) ( 0:06/00:00:19)
9 5六歩(57) ( 0:02/00:00:34)
10 4二銀(31) ( 0:03/00:00:22)
11 7八金(69) ( 0:06/00:00:40)
12 3二金(41) ( 0:05/00:00:27)
13 5八金(49) ( 0:08/00:00:48)
14 4一玉(51) ( 0:06/00:00:33)
15 6九玉(59) ( 0:04/00:00:52)
16 7四歩(73) ( 0:07/00:00:40)
17 6六歩(67) ( 0:04/00:00:56)
18 6四歩(63) ( 0:16/00:00:56)
19 5七銀(48) ( 0:24/00:01:20)
20 7三桂(81) ( 0:05/00:01:01)
21 4六銀(57) ( 0:39/00:01:59)
22 6三銀(62) ( 0:10/00:01:11)
23 3六歩(37) ( 0:45/00:02:44)
24 5二飛(82) ( 0:39/00:01:50)
25 6七金(58) ( 0:44/00:03:28)
26 3三銀(42) ( 0:06/00:01:56)
27 6八銀(77) ( 0:30/00:03:58)
28 4四銀(33) ( 0:08/00:02:04)
29 5八飛(28) ( 0:06/00:04:04)
30 8五歩(84) ( 0:17/00:02:21)
31 7九玉(69) ( 0:08/00:04:12)
32 9四歩(93) ( 0:03/00:02:24)
33 9六歩(97) ( 0:32/00:04:44)
34 1四歩(13) ( 0:06/00:02:30)
35 7七角(88) ( 1:18/00:06:02)
36 1五歩(14) ( 0:52/00:03:22)
37 8八玉(79) ( 1:26/00:07:28)
38 3三角(22) ( 0:06/00:03:28)
39 3八飛(58) ( 0:29/00:07:57)
40 2二角(33) ( 0:16/00:03:44)
41 3五歩(36) ( 2:33/00:10:30)
42 3五歩(34) ( 0:08/00:03:52)
43 3五銀(46) ( 0:01/00:10:31)
44 5五歩(54) ( 0:04/00:03:56)
45 4四銀(35) ( 0:44/00:11:15)
46 4四角(22) ( 0:11/00:04:07)
47 5七銀(68) ( 0:37/00:11:52)
48 6五歩(64) ( 0:07/00:04:14)
49 6五歩(66) ( 0:44/00:12:36)
50 8六歩(85) ( 0:39/00:04:53)
51 8六歩(87) ( 0:11/00:12:47)
52 7五歩(74) ( 0:21/00:05:14)
53 5五角(77) ( 0:21/00:13:08)
54 5五角(44) ( 0:06/00:05:20)
55 5五歩(56) ( 0:01/00:13:09)
56 7六歩(75) ( 0:02/00:05:22)
57 6四歩(65) ( 0:09/00:13:18)
58 6四銀(63) ( 0:26/00:05:48)
59 6三角打 ( 0:04/00:13:22)
60 6五桂(73) ( 0:26/00:06:14)
61 6六銀(57) ( 0:48/00:14:10)
62 7七歩成(76) ( 0:03/00:06:17)
63 7七桂(89) ( 0:02/00:14:12)
64 7七桂成(65) ( 0:02/00:06:19)
65 7七金(67) ( 0:02/00:14:14)
66 7六歩打 ( 0:03/00:06:22)
67 7六金(77) ( 0:10/00:14:24)
68 4九角打 ( 0:05/00:06:27)
69 3二飛成(38) ( 0:01/00:14:25)
70 3二玉(41) ( 0:03/00:06:30)
71 5二角成(63) ( 0:40/00:15:05)
72 5二金(61) ( 0:05/00:06:35)
73 3三歩打 ( 0:10/00:15:15)
74 2二玉(32) ( 0:58/00:07:33)
75 3二飛打 ( 0:30/00:15:45)
76 1三玉(22) ( 0:03/00:07:36)
77 5二飛成(32) ( 0:09/00:15:54)
78 7六角成(49) ( 0:08/00:07:44)
79 2六桂打 ( 0:05/00:15:59)
80 8七歩打 ( 0:09/00:07:53)
81 8七金(78) ( 0:07/00:16:06)
82 3八飛打 ( 0:27/00:08:20)
83 7八歩打 ( 0:08/00:16:14)
84 7九角打 ( 1:17/00:09:37)
85 7九玉(88) ( 0:09/00:16:23)
86 6八金打 ( 0:25/00:10:02)
87 8八玉(79) ( 0:02/00:16:25)
88 7八金(68) ( 0:02/00:10:04)
89 9七玉(88) ( 0:01/00:16:26)
90 8七馬(76) ( 0:19/00:10:23)
91 8七玉(97) ( 0:01/00:16:27)
92 8八金(78) ( 0:18/00:10:41)
93 7六玉(87) ( 0:08/00:16:35)
94 8四桂打 ( 4:31/00:15:12)
95 6七玉(76) ( 0:56/00:17:31)
96 7六金打 ( 0:18/00:15:30)
97 5七玉(67) ( 0:03/00:17:34)
98 5六歩打 ( 0:02/00:15:32)
99 4六玉(57) ( 0:06/00:17:40)
100 3五銀打 ( 0:12/00:15:44)
101 4五玉(46) ( 0:01/00:17:41)
102 2六銀(35) ( 0:23/00:16:07)
103 2六歩(27) ( 0:10/00:17:51)
104 3三桂(21) ( 0:03/00:16:10)
105 5四玉(45) ( 0:08/00:17:59)
106 3四飛成(38) ( 0:03/00:16:13)
107 6三玉(54) ( 0:02/00:18:01)
108 6六金(76) ( 0:06/00:16:19)
109 3一角打 ( 0:35/00:18:36)
110 2四玉(13) ( 0:03/00:16:22)
111 6四角成(31) ( 0:11/00:18:47)
112 6二歩打 ( 0:07/00:16:29)
113 6二龍(52) ( 0:02/00:18:49)
114 6一歩打 ( 0:03/00:16:32)
115 6一龍(62) ( 0:09/00:18:58)
116 投了

 

まず正直に言いますと用意してきた戦型は先手番の相掛かりと横歩取りと、角換わりがちょろっとです。理由は前回の自戦記に事実そのままを書いたので、そっちを選ばれたときに困るようでは流石に間抜けすぎると思ったからです。しかし後手番引くのを考えてなかったのでやはり間抜けですね。後手になったそのときはとりあえず自分が嫌な筋に誘導するかくらいの気持ちで王者の一手を選びました。

するとまたびっくりしたのが3手目▲6八銀でして、後手番急戦全部対策してきたのかとめっちゃビビってました。左美濃にしろ米長流にしろ急戦しか指せない自分としてはもう相手の土俵に飛び込むしかないのかと悲観してましたが、なんにせよ対策するなら左美濃は本線で研究するだろうということと、自分は藤森流急戦矢倉を買っていて並べていて指しているわけだからちょっとくらいアドバンテージがあると思って△18手目△6四歩を突きました。

実戦は6手後に24手目△5二飛とします。藤森四段ごめんなさい!ちょっと欲が出て千日手にして先手番貰えれば用意が活きるぞとか思っちゃったんです!

実戦は38手目△3三角に▲3八飛△2二角▲3五歩と開戦されます。飛車で手待ちできるようにしたのに先に角をくりくりしてどうすんですかね。相手玉がちょうど8筋に入ってきてちょうどいいタイミングなのになんで角なんですかね。ってうかむ瀬に言われました。その後の方針聞いたら、先手も2筋伸ばして飛車戻すけれど後手は左に玉置いたまんま△8一飛・6二金型を作って、隙あらば△3一角~△6五歩~△7五歩をやるとよいらしいです。やっぱ好きなんすねえ。

 44手目△5五歩は悪手です。指してから以前検討したときに悪手だと技巧だかうかむ瀬に指摘されたのを思い出し、ここらへんで溜息を吐きます。対局中は具体的な手順を覚えていなかったのですが、替えて△3五同銀として清算してから△5八銀があります。▲5七金なら△1五角です。これでも評価値は互角ながらややマイナスに振れているくらいなので、本譜はまずかったです。また▲5七銀で△6五歩が突けると思いましたが、これを▲同歩と取らずに▲5五歩と手を戻しておいて△同角には▲5三歩△同飛▲3三桂とする手の味が良いです。▲5三歩に△8二飛が若干気になりましたが▲6五歩と手を戻せば普通に香を取り合っても先手玉が固くて勝ちになるので問題ないようです。

本譜は49手目▲6五同歩と取ってくれたので調子に乗ってしまい、8筋はまだしも7筋まで突き捨てようとしてうかむ瀬に叱られます。悪手を指したと思っているにしては謙虚さが足りませんね。

取り込んでもすぐに厳しい手があるわけでない7筋を手抜かれて57手目の▲6四歩が間に合わされてしまったのが痛かったです。△同銀▲6三角で間接王手飛車を食らってしまいました。一段金だからそれなりに飛車打ちには耐性があると思っていましたが、3筋が素通しなので▲5二角成を△同金と取るしかなく、底歩が打てるとはいえ攻め駒を抜かれる筋がつらいです。

その抜かれる筋を回避するために、桂を早く捌いてしまおうと△6五桂と跳ねました。対局中は指してから△7七歩成を先に入れた方が良いと後悔しましたが、▲同桂△7六歩を手抜いて先ほどの筋で銀を抜かれると本譜の方が優っているという気がします。

66手目目▲7六同金はありがたかったです。▲8七金に▲7五桂から嫌味をつけて迫る順はどこかで手抜かれて▲3三歩~▲3四歩~▲3三桂~▲5八角成でほぼ受けがなさそうと読んでいましたが、△4九角を飛金両取りに打てるので形作りくらいはできるかなと思いました。

72手目▲3三歩への応手は同桂が正着でした。2五に金銀を打たれる筋を消しているのが大きく、うかむ瀬曰く▲3四歩△7六角成▲3三歩成から王手王手で下段に落とされ、飛車で馬を抜かれて龍を作られるも手順中に銀を捨てているので-350程度の不利ながらまだ長い戦いになるようです。対局中は飛車を打っても歩が邪魔して成り返れないから避けるべきだと思いましたが、△5二金を取らずとも▲2五金を打てるのに気付いたのは着手後でした。しかし取ってくれた手は詰めろでないので▲7六角成を指しました。ここでうかむ瀬曰くこちらに+700程度の逆転模様です。

詰めろの76手目▲2六桂に、二段目に飛車を打れてば詰みだと思って△8七歩としましたが、△9七銀の捨て駒から7手詰めのようです。▲同金にも△7八金から7手詰めがあったようです。うかむ瀬曰く△3二飛に何をやっても詰みですが、▲7二歩ではまた7手詰めがありました。まだ残り時間はあったので、もっと別の筋も読んでおくべきでした。△7九角を打ってからは一直線です。

そして事件は起こりました。94手目△8四桂。これで将棋は終わっています。△7八飛成を決めているものだと錯覚しました。△3六飛成の筋があるかと一瞬読んでから流石にないと放棄したところで、もう盤上の△7八飛成を決めたと思い込んだのです。打ってしまってから、頭の中で実力制第四代名人の「錯覚いけないよく見るよろし」が響きました。

あとは思い出王手です。

今回も時間に追われて錯覚起こしたので、もしや指す将順位戦の挨拶でがばります!という挨拶をしたのがまずく、言霊が敗着なのでは、なんてオカルトじみたことを自戦記を書く前はちらっと考えました。しかし詰みの手順を錯覚おこして逃すなんて阿呆をしでかすのは純粋に持ち時間が少なくなっての焦りに耐性が無いということで、実戦経験が不足しているだけだと自戦記を書いているうちに気付きました。なんとなくRを下げたくないとか、ウォーズはもっと手軽に手合いが見つかるとか思って避けていましたが、どうせ本戦で負けたらRが下がるのですから、Rが下がるのが怖くて将棋が指せるかと開き直って指すべきでした。

事前の準備というのは序盤の戦型絞りや定跡のインプットだけではいけないということに気付けたので、次回はそちらへの準備もして臨みたいと思います!あんまりにもRが下がってクラス替えを検討なんてことにならんように気を付けます!

次の一戦も応援よろしくお願いします!

自戦記 12/28 指す将順位戦B級3組 6回戦前倒し局 aqua - lld 戦

自戦記を書くのは初めてでして、いろいろ至らないところがあるかと思いますがお許しください。

まず棋譜を載せておきます。私が後手で、将棋倶楽部24ではe_ur_eikaというIDのアカウントを使って指しています。

開始日時:2016/12/28 22:05:16
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手  
先手:aqua-haruka
後手:e_ur_eika
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:18/00:00:18)
2 8四歩(83) ( 0:05/00:00:05)
3 6六歩(67) ( 0:05/00:00:23)
4 8五歩(84) ( 0:03/00:00:08)
5 7七角(88) ( 0:02/00:00:25)
6 3四歩(33) ( 0:02/00:00:10)
7 7八銀(79) ( 0:02/00:00:27)
8 6二銀(71) ( 0:06/00:00:16)
9 6八飛(28) ( 0:04/00:00:31)
10 4二玉(51) ( 0:08/00:00:24)
11 1六歩(17) ( 0:03/00:00:34)
12 1四歩(13) ( 0:03/00:00:27)
13 3八銀(39) ( 0:04/00:00:38)
14 3二玉(42) ( 0:03/00:00:30)
15 6七銀(78) ( 0:08/00:00:46)
16 5四歩(53) ( 0:02/00:00:32)
17 4八玉(59) ( 0:14/00:01:00)
18 7四歩(73) ( 0:10/00:00:42)
19 3九玉(48) ( 0:05/00:01:05)
20 4二銀(31) ( 0:05/00:00:47)
21 2八玉(39) ( 0:15/00:01:20)
22 5三銀(42) ( 0:04/00:00:51)
23 7八金(69) ( 0:13/00:01:33)
24 5二金(61) ( 0:06/00:00:57)
25 9六歩(97) ( 0:08/00:01:41)
26 4二金(41) ( 0:35/00:01:32)
27 9五歩(96) ( 0:15/00:01:56)
28 4四歩(43) ( 0:42/00:02:14)
29 5六銀(67) ( 0:11/00:02:07)
30 7二飛(82) ( 0:06/00:02:20)
31 6五歩(66) ( 0:18/00:02:25)
32 7五歩(74) ( 0:06/00:02:26)
33 同 歩(76) ( 0:06/00:02:31)
34 同 飛(72) ( 0:02/00:02:28)
35 4六歩(47) ( 0:45/00:03:16)
36 7四飛(75) ( 1:39/00:04:07)
37 4五歩(46) ( 0:56/00:04:12)
38 同 歩(44) ( 1:18/00:05:25)
39 2二角成(77) ( 0:38/00:04:50)
40 同 玉(32) ( 0:02/00:05:27)
41 8二角打 ( 0:34/00:05:24)
42 7三角打 ( 0:31/00:05:58)
43 同 角成(82) ( 0:04/00:05:28)
44 同 桂(81) ( 0:02/00:06:00)
45 8二角打 ( 0:04/00:05:32)
46 8六歩(85) ( 0:33/00:06:33)
47 同 歩(87) ( 0:23/00:05:55)
48 5五歩(54) ( 0:31/00:07:04)
49 4七銀(56) ( 0:34/00:06:29)
50 3三桂(21) ( 1:07/00:08:11)
51 7七歩打 ( 0:28/00:06:57)
52 8八歩打 ( 0:15/00:08:26)
53 9七桂(89) ( 0:13/00:07:10)
54 8九歩成(88) ( 0:03/00:08:29)
55 9一角成(82) ( 0:04/00:07:14)
56 9九と(89) ( 0:36/00:09:05)
57 8五桂(97) ( 0:47/00:08:01)
58 同 桂(73) ( 0:33/00:09:38)
59 同 歩(86) ( 0:03/00:08:04)
60 7五飛(74) ( 0:12/00:09:50)
61 6六飛(68) ( 0:42/00:08:46)
62 8五飛(75) ( 1:04/00:10:54)
63 1五歩(16) ( 1:53/00:10:39)
64 8九飛成(85) ( 1:14/00:12:08)
65 6八金(78) ( 0:21/00:11:00)
66 1五歩(14) ( 0:21/00:12:29)
67 1四歩打 ( 0:09/00:11:09)
68 4三金(52) ( 1:03/00:13:32)
69 5八金(68) ( 1:00/00:12:09)
70 5四桂打 ( 1:35/00:15:07)
71 2六飛(66) ( 0:57/00:13:06)
72 4四銀(53) ( 0:52/00:15:59)
73 1八香打 ( 0:57/00:14:03)
74 4六歩(45) ( 0:59/00:16:58)
75 同 銀(47) ( 0:45/00:14:48)
76 2五香打 ( 0:56/00:17:54)
77 3六飛(26) ( 0:04/00:14:52)
78 6六桂(54) ( 0:12/00:18:06)
79 4八金(58) ( 1:03/00:15:55)
80 4七歩打 ( 0:06/00:18:12)
81 同 銀(38) ( 0:48/00:16:43)
82 4五歩打 ( 0:58/00:19:10)
83 3五銀(46) ( 0:45/00:17:28)
84 6七角打 ( 1:00/00:20:10)
85 3八金(49) ( 0:36/00:18:04)
86 5八桂成(66) ( 0:47/00:20:57)
87 同 金(48) ( 0:42/00:18:46)
88 3五歩(34) ( 0:22/00:21:19)
89 6六飛(36) ( 0:27/00:19:13)
90 5八角成(67) ( 0:53/00:22:12)
91 同 銀(47) ( 0:22/00:19:35)
92 4八金打 ( 0:59/00:23:11)
93 6九飛(66) ( 0:40/00:20:15)
94 3八金(48) ( 0:11/00:23:22)
95 同 玉(28) ( 0:04/00:20:19)
96 7八龍(89) ( 0:36/00:23:58)
97 5九金打 ( 0:53/00:21:12)
98 4六歩(45) ( 0:14/00:24:12)
99 4八歩打 ( 0:13/00:21:25)
100 4五桂(33) ( 0:51/00:25:03)
101 1五香(18) ( 0:58/00:22:23)
102 5四金(43) ( 0:43/00:25:46)
103 3四桂打 ( 0:46/00:23:09)
104 3二玉(22) ( 0:04/00:25:50)
105 4二桂成(34) ( 0:51/00:24:00)
106 同 玉(32) ( 0:03/00:25:53)
107 1三歩成(14) ( 0:56/00:24:56)
108 3六歩(35) ( 0:16/00:26:09)
109 同 歩(37) ( 0:56/00:25:52)
110 投了 ( 0:00/00:26:09)
まで109手で先手の勝ち

 

まず▲7六歩~▲6六歩ですが、相掛かりへの用意があまり無かったので、少し安心しました。ずっと急戦党と言っていたのでノーマル振り飛車の定跡形や穴熊の研究をされて誘導されるんじゃないかと思っていて、主にそちらへの用意をしてありました。ここから矢倉を目指すのでは△3三角~△5九角で飛車先を切る筋が生じており、そうでなくても4手角の形を3手で作れるので後手でも攻めやすくなり、用意が無くてもなんとかなると考えていました。

実戦は9手目▲4二飛で四間飛車が確定し、用意の作戦でも本命としていたのでとてもやる気が出ました。

11手目▲9六歩と12手目△9六歩の応酬で穴熊の可能性が減り、定跡形になるかなと考えていました。

22手目△5三銀左では代えて△5二金右が自然ですが、積極的にいきたかったので一段金のまま斜め棒銀棒銀の筋で攻めていくことを含みにしたいと思い、銀を急ぎました。ここで玉頭位取りをしづらくなったため、次の一手を誘発したんじゃないかと思います。

23手目▲7八金です。金を保留していたのでどこかで上がられるかとうっすら考えてはいましたが、結局定跡形にはなると思って軽視していました。4四歩を突いて4三型にするか、中央が薄くなったので5筋位取りをするかということを考えていましたが、結局相手の手を見てから決めようということで、△5二金を指しました。

そこから▲9六歩△4二金上▲9五歩と進み、急戦なら△4二金型は損になる場合もありますが、位を張って盛り上がるなら損にはなりにくく、端が活きる変化は少ないと考えていたためここは得をしたと思っていました。

28手目△4四歩です。すぐの▲4五歩は手抜けそうですし、袖飛車にして角頭の1歩を手にすれば相手は分断した金銀を動かしづらくなり、2枚美濃よりはこちらの船囲いが固いため作戦勝ちできるかと思っていました。

37手目▲4五歩に△同歩としました。さっきと書いていることが違うじゃないかと怒られそうですが、ここでは飛車の効きが素通しになっているため、相手からの角交換が行われると△7九角の筋で一方的に龍を作って優勢になるかと思って取りました。

角交換から▲8二角の打ち込みで桂香を拾いに来られますが龍さえ成りこめればすぐに取り返せるため、一回△7三角と合わせて桂を0手で跳ね、何かしらのときに活きる△8六歩の突き捨てを入れてからいざ△7九角、と行きたいところですが、ここでとんでもない勘違いをします。▲5八飛で受かっていると思ったのです。実際は△5三角成▲同飛と成り捨てると△7八飛成と角金交換で龍を作り、▲6六角△5五歩▲5九飛△3三桂▲9一角成△6八金くらいで優勢だと思いますが、▲5七同飛のときに金にヒモがついたままと勘違いしているので△4五桂を作るために△5五歩を突きました。そのせいで今度は▲5五角成が生じています。仕方がないので王手にしないために△3三桂を跳ねましたが、手番を渡したために当然先ほどの攻め筋は△7七歩で防がれます。何をやっているんだと自分を責めますが、局面は変わらずにそこにあります。突き捨てた効果で△8八歩から角の割り打ちを狙いますが、当然ながら端に跳ねて躱されます。

互いに香を拾い合い、先手の桂ぶつけで桂を互いに手持ちにした瞬間は、ここで手がなければ負けだと思いました。しかしそこには桂を取って伸びた歩があり、△7五飛と浮くと▲8五歩の受け方がありません。また先手の持ち歩が1歩なので、成り込みを防げば歩切れになります。これでまだ指せると思って飛びついたんですが、実際に▲8七金△8五飛▲8四歩△9五飛▲5五馬とされると歩切れを解消されますし、9筋へ成り込んでの飛車交換は流石に後手が不利です。

対局時はそちらの変化は味が悪いのでほぼ読んでおらず、実戦でも▲6六飛と指されたので事なきを得ました。

玉側の端の応酬を経てから、浮いた飛車を攻めつつ急所に効いてくる△5四桂を打ちました。読み筋では遅いながら▲7二飛成を見せる▲7六飛に、一回△7五歩と叩いて横効きを消すか飛車を追いながら上部を厚くするかの二択を迫っているつもりでしたが、ここはあんまり捻ったことは考えずに△4六桂を打った方がよさそうですね。▲同銀△同飛に△4五香を打てるのが読みから抜けていて、せっかくの拠点の歩が払われながら△6八歩も消されて味が悪いと思っていました。

▲2六飛は上部を厚くしやすいと思って軽視しており、▲5五馬を消す△4四銀に▲1二香と足されると、▲1五香が入っても謝ってまだ受かっているのにもう端が破られたと勘違いして、焦って△4六歩と突きました。▲同銀に△同桂でもまだ△4五香の筋が残っているので後手が相当いいはずですが、端を破られてと金と飛車で玉頭を破られると思い込み焦っています。後に先手玉の頭に効いてくるため悪手にはなるまいと△2五香と打ってしまいます。うかむ瀬に読ませるとそこまで悪くはなっていませんが、局後に△3五香の筋を指摘されて愕然としました。

本譜は▲3六飛にせっかく狭くした飛車を逃がすのは勿体ないと△6六桂としますが、これは悪手です。替えて△同桂▲同飛に△3五銀▲7六飛△1五香▲7二飛成△5三銀と進むと、龍の睨みが怖いですが先手玉頭への圧力も相当で指せると思います。本譜の▲4八金寄に△4五歩~△6七角~△5八桂成が見えたので△4七歩と叩きましたが、△4五歩では替えて△6九角が厳しく、△6七角では替えて△2七香成▲同玉△3九銀が厳しく、△5八桂成では替えて△2七香成▲同金△3五歩で次の△3九銀が猛烈に厳しいです。読み筋全部に穴があったばかりか、悪手にならないと思って打った香が活きる展開をすべて読み逃しているので結果的に悪手になっています。

本譜の△5八桂成▲同金△同角▲同銀の局面でやっと△2七香成を読み始めます。しかしこのとき私は自玉が実際より危険だと思っていたのと、飛車の横効きが効いて手が伸びてかえって危険だと判断し、△4八金を選択します。取れば△3九銀ですが、もちろん取ってはくれません。▲6九飛と飛車をぶつけて紛れを求めてきます。△4八金▲同金と王手で金を剥がしてから△7八龍と玉を睨みつつ銀取りに当てますが、▲5九金で先手は囲いを再構築できました。△4六歩▲4八歩を利かしてから△4五桂と跳ねますが、ここで▲1三歩成がとても怖かったです。いくら桂跳ねで上部が開けたからといって王手のかかる△3三玉はやりづらいですし、△同香▲1五香△同香▲同香に△1八銀が見えていなかったので香が素通しになって気持ちが悪いと思っていました。

本譜は先に△1五香だったので、△3三玉~△4三玉のルートさえ開ければ怖くなくなると考え△5四金を指してしまいました。直後の▲3四桂で頭を抱えます。▲2二角を恐れて△3二玉と指しましたが、むしろ▲2一角の方が厳しそうです。本譜は単に▲4二桂成で、△同玉▲1三歩成と進み、この瞬間自玉が安全なので△3六歩と攻めますが、▲同歩△3三歩▲2八玉に△3八銀が見えず、△3九銀▲1七玉で上部に抜けられると思って別の手がないかと必死で読んでいるうちに時間が切れてしまいました。

読み筋を書いているうちにどんどん自分が情けなくなってきましたが、うかむ瀬に読ませたところだいぶこちらが良い局面が続いていたようなので、これにめげずに次の対局に向けてがんばります。応援よろしくお願いします!